申し込みの時に嘘をついてはいけない

申し込みでは誠実に

カードローンを利用するには、申込用紙に記入して申し込むことになります。
申込用紙には所属している会社や収入、過去の借入などについての項目があると思います。
申込用紙を受け取ったカードローン会社は、この申込用紙を参考にしながら審査をすることになります。

 

少しでも自分の状態を良く見せようと思って、虚偽の情報を記入する人がいるようですが、これは絶対におすすめできません。
お金を貸すということは相手を信用しての行為ですので、少しでも嘘の情報を記入するような人物は信用されません。

 

嘘をつくメリットはない

 

もし嘘の情報が見つかった場合、カードローン会社としてはその人を信用するわけにはいかなくなります。
どんなに好条件でお金を借りたいからといって、信用を損なうようなことをしてしまっては本末転倒でしょう。
条件は信用を積み重ねれば改善されることはありますし、最初から正直に申し込むようにしましょう。
正直に記入すると審査にさえ通らないという人がいるかもしれませんが、それは諦めるしかありません。

 

絶対にバレる嘘

 

ところで、どうして嘘の情報を記入してもバレてしまうのでしょうか。
嘘と言ってもいろいろありますが、例えば仕事についてであれば、在籍確認というのがあります。
会社に電話がかかってきて本当にその会社に所属しているか確認されるわけです。
収入に関しては収入を証明する書類が求められますので、これも嘘をつくことはできませんね。
身分に関してはいうまでもなく身分証明書の提出が求められますので、他人になりすますのは不可能です。

 

それでは過去に別の会社から借りた借金のことは秘密にしておいても大丈夫かというとそれも簡単にバレてしまいます。
これまでの借入状況というのは、信用情報機関というところで情報が共有されていますので、別の会社のことであっても隠し通せません。
過去になんらかのトラブルを起こしているのであれば、どんなに嘘の情報で乗り切ろうとしても無意味なのです。

 

正直が一番

やはりカードローンをきちんと利用するためには、正直に申し込むことが大切です。
バレる嘘をつくよりは、ありのままの自分を見てもらって、相応の結果を受けとりましょう。
もしダメなら自分を変えるしかありませんし、意味のないことはやめておくのが賢明です。
金融機関には今後もお世話になることがあると思いますので、嘘をついて後々まで信用を失うことがないようにしておきましょう。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!