専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦の借入は夫の同意が必要

カードローンの申込は住宅ローンや自動車ローンなどの証書貸付と違って、手軽にできることが大きなメリットになっています。また、無担保・無保証でもあることから利用が容易であり、外国人でも借入することができます。なお、カードローンの利用条件になっているのは年齢と安定収入だけであるため、女性でもパートなどの仕事を持って安定した収入があれば当然借入することができ、近年では女性専用のレディースローンを展開するところも多くなっています。

 

専業主婦におけるカードローンの利用

前記したように、カードローンの利用条件は安定した収入のあることが条件です。従って、収入の無い専業主婦は消費者金融のカードローンには基本的に申込みができません。なお、収入の無い人に貸出ができないことは、貸金業法による総量規制という規定によっても定められています。

 

ただし、総量規制には例外があり、「夫の同意」があることを前提に借入をすることができるようになっています。それを配偶者貸付と言います。配偶者貸付を利用する場合は、夫の同意書とともに婚姻の証明書など、色々な証明書類が必要となります。また、借入できる金額は夫の年収の3分の1以内になります。

 

しかし、現実には消費者金融で専業主婦に貸出をしているところはほとんどありません。それは、カードローンの契約において夫の同意書など、様々な書類の確認が必要になることから、事務作業が煩雑になることを嫌って、申込みの受付を拒否しているのが実態です。

 

専業主婦でも銀行のカードローンは利用できます

消費者金融のカードローンは総量規制によって、専業主婦の借入は難しくなっていますが、銀行のカードローンは専業主婦に対する貸出をしているところが少なくなりません。

 

その理由は、銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の適用を受けず、総量規制の対象にならないからです。従って、法律上は収入があっても無くても、貸出をすることは銀行の自由です。

 

ただし、銀行も商売ですから返済能力の無い人には貸出をしないので、夫が定職について安定収入のあることが条件になります。夫が仕事を持っていれば夫の同意書や収入証明書を提出する必要はありません。なお、利用限度額はどこの銀行でも30〜50万円になっています。

 

借入金は夫婦の共同責任

なお、専業主婦が借入をする場合はあくまでも夫の収入をあてにすることになるので、必ず夫の了解を得てから行うべきです。また、借入金の使用用途が家賃の支払いや、子どもの教育費などであれば「日常家事債務」となり、返済は夫婦の共同責任になります。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!