仮審査と本審査では何が行われるのか? カードローンの審査の仕組み

カードローンの審査には仮審査と本審査があります

 

カードローンの審査は、仮審査と本審査の二段階に分かれています。まずは仮審査を受け、これを通過することができれば本審査へと移るのです。つまり仮審査はカードローン利用における最初の関門ということになります。

 

仮審査では主にコンピュータによる審査が行われることが多いです。申し込み者のデータを数値化することでコンピュータが機械的に審査を行い、最低限の基準をクリアしているか否か確認するのです。
本審査では仮審査とは違い、人の手によって審査が行われていく部分が大きくなります。仮審査の段階で数値的な審査は終わっているも同然なので、本審査では仮審査の結果を人力で確認していく意味合いが強くなっています。

 

本審査で仮審査の結果の裏付けが行われれば、晴れて審査通過となりカードローンの利用が可能になります。一般的には不明な点も多いカードローンの審査について、もう少し特徴を見てみましょう。

 

仮審査の結果と本審査の結果

 

仮審査で大まかな審査は完了しているも同然ですが、あくまでもコンピュータによる審査なので、その結果が本審査によって覆される可能性もあるということを知っておかなくてはなりません。
本審査では仮審査の結果の見直しと、各項目の確認が行われます。ここで最終的な審査の結果が下される為、仮審査の結果とは異なる結果が出ることもあるのです。実際に融資が受けられるかどうかということや、いくら借りられるかということは、本審査が終わってみないと誰にも分からないのです。

 

本審査で重要な本人確認

 

本審査では、審査の中でも重要な要素になる本人確認も行われます。申し込み用紙やインターネットからの申し込みでは、第三者が他者に成りすまして申し込みを行うことも不可能ではありません。その為、本審査では本人確認を行うのです。

 

本審査における本人確認の中には在籍確認と呼ばれるものも含まれています。これは申し込み時に申告してある勤務先に本当に在籍しているかを確認するものです。在籍確認では、勤務先に電話をして確認することが多くなっています。
カードローン利用希望者の中には、勤務先に電話確認が行くことに抵抗を感じる方もいるかもしれません。ですがカードローン会社も利用者の利益の為に配慮しています。会社名を出して勤務先に電話をすることはありませんので、安心しましょう。

 

本審査に通過すれば、ついにカードローンの利用へ

 

仮審査を通過し、いよいよ本審査も通過することができればカードローンの利用が可能になります。カードローンの利用において、これらの審査は避けて通ることができません。しかし、無事に通過することができればカードローン用のローンカードが手に入るのです。
ローンカードは持っているだけなら返済義務が生じません。急にお金が必要になった時の為に、一枚持っておくと良いでしょう。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!