配偶者及び子どものいる方のカードローン申請

結婚して身を固めるとなると、それなりの準備が必要、カードローンはそんなあなたをサポート!

 

誰であれ独身生活にピリオドを打ち、結婚し家庭を持つときがくるものです。結婚してみると独身時代とは違う、さまざまな出費があります。十分に考えて可能だと思ったからこそ、結婚に踏み切った方であっても、予期しない事態に陥り、突然に出費を余儀なくされるということがあります。

 

景気が良い時代には各種の手当やボーナスなどで補填できていたことが、現在のように景気が沈滞した中では、とても可能ではありません。結婚して家庭を持ってみると、自分一人の努力では如何ともしがたいことがたくさん出てきます。出産、子どもの入学、受験、マイホームやマイカー購入など、人生のさまざまな局面において、十分な資金が必要となってきます。

 

カードローンはそんな結婚して家庭を持っている方にも、大変利用のしやすい便利なローンといえます。それほど大きな金額でなくても、どうしても緊急に必要になったときに、真価を発揮しますので、今のところ必要ない方であっても、将来に備えて一枚用意しておくとあとで役立つこともあるでしょう。

 

結婚して子どももいるがゆえに有利になること

カードローンの申し込みに際して、結婚して子どもがいることは決して不利に働きません。扶養者を抱えるため、それなりの責任感がある存在とみなされます。扶養者がいるために収入に対する支出の割合は高くなりがちですが、その代わり借入れ・返済に関しては、配偶者と協力して事に当たることが期待されますので、トータルとしてはポジティブな評価をされることが多いといえます。

 

デメリットとみなされることもあります。

反対にデメリットになることといえば、他からの借入れが多い可能性があるということです。たとえばマイホームローンやマイカーローン、それから家族全員分の買物などにクレジットカードからの借入れを利用している場合があり、借入れ総額が収入に対してかなりぎりぎりの状態であると判断されると、カードローンの審査において落とされることもあるようです。新規にカードローンを申し込む前には、必ずご自分の借入れの状態を整理して考えてみることが必要です。

 

目的はあくまで家族の福利やニーズに応えるため

結婚しているということは、借入れや返済に関しても、まずは家族のことを最優先して行うようにしたいものです。独身時代には自分の好きなものを好きなように使っていた方でも、いったん家族を持つとそのような行き当たりばったりは許されません。

 

返済延滞などに陥った場合、家族全員に悪影響が及びます。借入れはあくまでの必要に応じて返済計画をきちんと立ててから行うようにしてください。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!