借入と信用情報機関:あなたの金融情報は記録されています

あなたの借入データは全て記録されている

 

借入をする際には、審査を受け、その審査に通る必要があります。
審査においては、年収や職業はもちろん、あなたの過去の借入記録などがチェックされるわけですが、どのように金融機関側がそれを調べているのか、不思議に思ったことはありませんか?

 

もちろん、必要事項は借入申請者が)自分で記入するわけですが、当然、金融機関側は我々の記述を鵜呑みにするわけはなく、きちんと裏付けを取ったうえで審査を行っています。
では、どのようにして、彼らは私たちの“過去の借入利用歴など”といった情報の確認をしているのでしょうか?

 

実は、私たちの借入履歴は、すべて「信用情報機関」にデータとして記録されており、金融機関は、この“信用情報機関のデータ”と“我々(借入申請者)の記述内容”とを照し合せることで審査を行っているのです。

 

信用情報機関とは?

では、そもそも私たちのデータを記録している信用情報機関とはどのような所なのでしょうか。
端的にいえば、個人の金融サービスの利用履歴(カードローンやキャッシングでの借入とその返済状況の記録)を、常時リアルタイムで蓄積している所といえます。
これをみれば、金融機関は“借入申請者の借入履歴・総借入残高などをすぐに把握できる”という仕組みになっているわけです。

 

この情報は、金融機関のみならず私たちも(自分の情報に限り)閲覧可能。
開示請求をすれば、見せてもらうことができますから、(借入履歴を正確に思いだすことができないなど)過去の借入を確認したくなった時は、問い合わせてみると良いでしょう。

 

借入診査に不利となる記録は残さない!

この信用情報機関に残された記録は、上記の通り借入審査に用いられる重要なデータです。
ですから、もし、ここに返済能力が低いと判断されるような記録があると、その後の審査に悪影響を及ぼしかねません。 “度重なる返済遅延”や“破産宣告”といった「事故記録」または「ブラックリスト」と呼ばれるマイナス記録が残されている場合は、審査に通ることはまずないと覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

信用情報機関にマイナス情報を載せないために

将来の借入をスムーズにするためには、信用情報機関にマイナスのデータを残さないことが大切です。
そのために気を付けるべきことは、決して難しいことではありません。
「節度を持って借入をし、きちんと返済をする」という当たり前のことをしてさえいれば、いいのです。
必ず完済していれば、信用情報機関のことを特に気にする必要はないでしょう。

 

ただ、信用情報機関というところが、あなたの借入状況を全て記録しているということだけは覚えておいてください。
借入申請時にウソを書けば、それはすぐにバレます。
また、きちんとルールを守らなければ、それが記録され、後にあなたの足を引っ張ることもあり得るのです。

あなたにおすすめのカードローンはこちら!